Vラインの脱毛は仕上がりが重要

Vラインはビキニラインのことで、アンダーヘアが生えているところのうち、下着や水着を着用下時にはみ出てしまう部分のムダ毛です。この部分は、一部を残して処理を希望する人が多いので、仕上がりの形や毛量などを決めることが必要になります。しかし、サロンによっては一部を残す場合でも、最初の数回は全体を処理する場合もあります。そうすることによって毛の量を少なくし、処理しやすくします。デザインは主に、範囲を小さくする・逆三角形・卵型・長方形などがあります。

Iラインの脱毛処理について

Vラインだけをキレイにしても、Iライン部分の毛がはみ出てしまってはエチケットとしても見た目の面でも十分ではありません。Iラインは、女性器近くにある毛のことです。この部分は粘膜に近いので自己処理はオススメできません。また、Iラインは脱毛部位の中でも特に痛みが強いといわれているので、施術手段を考慮したほうが良いです。クリニックで受けられるレーザー脱毛は、高出力のエネルギーを与えるためかなりの痛みを感じます。したがって、レーザーよりも痛みの少ない光脱毛のほうがこの部分は適しています。

Oラインの脱毛処理について

Oラインは肛門周辺の毛です。この部分は基本的に全部脱毛を希望する方が多いです。Oラインは自分の目から見ることができませんので、サロンやクリニックでの施術が安全です。なお、Oラインを含むデリケートゾーンは肌トラブルが起きやすい部分でもあります。特に脱毛処置をした直後は、目には見えませんがかなりのダメージを追っています。処置をした当日は、石鹸などの使用を控えてシャワーのお湯で優しく洗い流す程度にとどめましょう。

VIOライン脱毛の施術の進め方を理解するにあたり、大手のサロンやクリニックのおすすめの脱毛方法を上手く取り入れることが有効です。