レーザー脱毛と光脱毛はここが違う!

脱毛方法には、大まかにレーザー脱毛と光脱毛の違いがあることを知っておく必要があります。レーザー脱毛は、美容外科や形成外科・皮膚科などの医療機関のみで扱われる医療的な脱毛です。強い光を照射する事が特徴で、高い脱毛効果があります。しかし痛みが強いといった特徴があります。光脱毛は、医療機関以外でも使えるため、エステサロンなどで使われる方法です。レーザー脱毛よりも弱い光を照射するので、脱毛効果が低いですが、レーザー脱毛よりも痛みが少ないことが特徴です。

痛みは絶対いや!そんな方にはエステサロンで脱毛

クリニックでレーザー脱毛を受けると、強い痛みが伴います。したがって、痛みに敏感な人や絶対痛いのは避けたいという人には、エステサロンなどで受けることをオススメします。そしてエステサロンの中でも最も痛みが少ないとされている方法は「ハイパースキン脱毛」と呼ばれる方法になります。従来の光脱毛の苦手とする色素沈着や日焼けした肌には脱毛を苦手としていましたが、この方法ならそのような部分でも十分な脱毛効果があります。

ハイパースキン脱毛のデメリット

ハイパースキン脱毛には肌の状態を選ばないで脱毛を行なえる点がメリットですが、まだ肌の表面に出てきていない毛穴の中にあるムダ毛にはあまり効果がありません。通常の光脱毛は、毛根部分にまでアプローチをするので、施術後に効果を実感できますが、ハイパースキンは、次に生えかわる毛に対しての処置を行なうので、効果を実感するまでに時間がかかるといったデメリットがあります。したがって、この方法は、1ヶ月に1度程度の頻度で施術を受けることで、十分な脱毛効果が得られます。

家庭用脱毛器を使えば、痛みを抑えつつムダ毛の処理ができます。予約をしたり移動をしたりする必要がなく、多忙な人にも好適です。